第三弾 [8年後のスーパースター養成プログラム] その⑤

原澤祐介のメルマガ図書館 第三弾「8年後のスーパースター養成プログラム」その⑤

どうも、管理人のぎゃおです。

みなさん、お盆が近づいてきましたね~

既に夏休みって人も多いのかな?

毎日が休みと言えば休みだし、
毎日が仕事と言えば仕事だと言える

私は、だんだん曜日感覚さえ薄くなっている毎日です。

それでも、今日が月曜日だってわかるのは
世の中の空気が、どんよりしているからな訳ですけど、

お休みの人も多いからですかね、いつもよりどんより具合?
が薄い気がします。

なんて、わかるような、わからんようなお話は置いといて

今日は、「8年後のスーパースター養成プログラム」その⑤
でございます。

実は、このメルマガ、今回を含めてあと2回なのです。
続きが見当たらないので、中途半端感ガンガンに来てますが

強制終了っぽいです。

なので、心して読んで頂きたいのですが、

「指示待ち人間を脱する」について

人に依存しないで自分で何でも決めれる人間なる
についてですが、

人に依存しない、を脱却するのも一苦労なのですが、
自分で決める、のも結構大変だったりします。

まずは、本文を読んでください。
それでは、どうぞ
-----------------------------

[8年後のスーパースター養成プログラムstage1-2] 指示待ち人間脱却プログラム



どーも。原澤です。

それでは、前回のメールで予告していた

「指示待ち人間脱却プログラム」

についてです。

まあ、一言で言ってしまえば、

「誰かの指示を待たずに、自分で決断して自分で行動しましょう。」

っていうこれだけです。(笑)

だけど、こんな当たり前のことをなぜ書くのかというと、
多くの人達が、こんな当たり前のことが出来ないからです。

子ども達を指導していると、
その「指示待ちぶり」はとても顕著で、

サッカーのゲームやるにしても、

すべてこちらの指示を仰ぎます。

もちろん、私は子ども達に

「コーチの指示を仰ぎなさい」

的なことは一回も言ったことがありません。

むしろ「いい加減、こっちに聞くのやめてくんないかな。。」

って露骨に嫌な顔をしていても、
彼らは気にせず、毎回指示を仰ぎます。

さすがですね。

だから、日本は野球強いわけですね。(笑)

だけど、サッカーは違うんです。

監督から指示なんて仰いでる選手で、
トップレベルで戦っている選手皆無です。

まあ、大人になると勝手に決めて
勝手に動くなんてことをすると、
まわりから嫌われますよね。

サッカーも一応「チームスポーツ」って事になっていますから、
そんなに自分勝手にやっていると嫌われるし、
もちろん監督からも起用されないってのも事実です。

だからと言って、

監督であれ、チームメイトに

「どうしたらいいですか?」

なんて常に指示を仰ぐ選手が、
優秀な選手かといえば、

それもまた違う訳ですね。

「自分の意見を持っている。自分でしっかり判断できる。
 だけど、チームワークも重んじる。」

という、一見矛盾しているような選手が
優秀な選手になるというか、
優秀な選手の資質になります。

なので、日本人が優秀な
サッカー選手になるのは非常に難しいですね。

このバランス感覚が日本人にはないというか、

もう日本という国は、
教育上、

「指示通りにこなせる人間が優秀な人間」

ということで、教育しているわけですから、
サッカーの気質とは相反している教育なので、
優秀なサッカー選手が育つほうがおかしいのです。

日本の教育ってのは、

「優秀な労働者量産システム」

ですからね。

優秀なサッカー選手育成システムではありません。

そんな日本人がエリート養成システムとか作るので、
もうなんなんだか分からなくなるわけです。

なので、私がずっと言っているのは、
優秀なサッカー選手を育成したいのであれば、

親がちゃんとそのあたりを意識して教育しないと、

日本型労働者的サッカーサラリーマン


みたいな謎の選手が出来上がってしまうってことです。。。


私たちは日本人なので、
欧米人と違います。

気質も違えば文化も違います。
受けている教育も違います。

彼らの気質であったり、文化であったり、
受けている教育は、

サッカー向きなんです。

だけど、私たち日本人が受けている教育は、

決してサッカー向きではない

って事ですね。

まあ、言ってみれば
野球向きなんだと思います。

なので、基本「指示待ちスタイル」
になってしまうので、

まず、ここを脱却する必要があります。

私が今一番、指導の中で
手を焼いているというか、
なかなか先に進めていないのは、

「指示待ち人間をどう脱却させていくか。」

っていうここです。

ということで、

今回の課題はこちらです。
(この課題は本編と関係ないので、任意提出で構いません。)


------------------------

指示待ち人間を脱却するには
どういう教育をしたらよいか、
仮説レベルで良いので、
意見してください。

------------------------

という内容です。

チャレンジする方は、

http://orefc.blog79.fc2.com/blog-entry-603.html

の、

コメント欄にコメントを書いてください。

結構、頂いた意見の中から、

指示待ち人間を脱却するための
素晴らしいアイディアが登場する可能性もありますし、

いろいろな意見を踏まえて、

あらたなアイディアが生まれるかもしれません。

この課題は、

楽しく、いろいろアイディアを出す程度で、
気軽で取り組んでみてください。

では、次回から

stage1-2の本編が始まります。

お楽しみに。

では、今回はこの辺で。

ありがとうございましたー。

原澤





追伸

次回からステージ1-2が本格的に始まる。。。(笑)

次が最終回だという。。。

次回が何の話なのかまだ分かりませんが、

その1回が、全てが凝縮された神回かもしれませんしね。

要は、受け止め方次第ですからこの世の中は

と言うことで、任意提出って書いてありましたが、
自分で提出しようと決めた人は、コメントどうぞ


次回が最終回です。お楽しみに~

この記事へのコメント