第三弾 [8年後のスーパースター養成プログラム] その④

原澤祐介のメルマガ図書館 第三弾「8年後のスーパースター養成プログラム」その④

どうも、管理人のぎゃおです。

前回のトラブルで1回飛ばしたので、今日はもう1記事
UPしちゃいます。

第1ステージ最後のテーマは、
「指示待ち人間」について、です。

「自分は指示待ち人間じゃないから」
と思っている人ほどそうだったりする

みたいな、難しいテーマだったりします。

まずは、自分がどうなのか?
と自分を客観的に観る、ことからですかね

それでは、4日目いってみましょう
--------------------------------

[8年後のスーパースター養成プログラム]stage1-2へ進むには。

どーも。原澤です。

前回の1-1の最後の
ミッションのメールが送られてきて、
結構、日にちが経ってこちらのメールが
送られてきたと思いますけど、

ちょっと意図的に間を空けさせていただきました。

というのも、これもホメオスタシスの
成せる業と言いますか、

ちょっとあなた自身に
確認してもらいたい事があったので、
わざと日にちを空けました。

というのも、

前回のメールが届いてから、
今回のメールが届くまでの間、

あなたは、


何を考え、
何に取り組まれていましたか?


という質問というか、
ぜひ、確認していただいのはこれです。


というのも、この夏休み私は去年サボったので、
今年は結構無謀なチャレンジをしまくっているのですが、

子どもであれ、保護者であれ、

「うわー、これはまずいな。。。
 8年後がどうこうっていうよりも、
 現時点でもう結構きっついよね。。。」

みたいな人たちがわんさかいるというか、
もうほとんどそんな人たちばっかりなんですけど。

というそのひとつの大きな要因が、

いわゆるひとつの、


『指示待ち人間』


っていうアレです。


もう、どんなに
「私は意識が高いです。」って思おうが、言おうが、
指示待ち人間みたいな人は、
どんなジャンルにおいても、
上の世界に行くことは無理です。


別に、こんなことを私が改めて
言う必要もないぐらい
当たり前のことなんです。

だけど、どうでしょうかね?

前回のメールが届いて、
今回のメールが届くまで、

指示待ち人間にならずに、

実際に自分たちで
ガンガン行動できた人が何人いたのでしょうか。

ここから、このプログラムは、
stage1-1からstage1-2に進みます。

stage1-1に関しては、

a、b、cという3つの課題に取り組んで、
自身で「クリア」と思えれば、
ステージクリアしていただいて構いません。

まあ、スーパーマリオでもそうですけど、
1-1なんてのは、ちびっこでも
じいちゃんばーちゃんでも、
クリアできる難易度だと思います。

だけど、これは


「木を見て森を見る」


的なお話になりますが、

「1-1という簡単なステージをクリアできてとしても、
 最終的なゴールから逆算すると、
 現時点で「指示待ち人間」的な人というのは、
 必ずどこかでフェードアウトする
 可能性があるのではないでしょうか?」

って事が言えるような気がします。

なので、あなたが確認してもらいたいのは、

前回のメールが届いて、
1-1 Cの課題をこなした後に、

今回のメールが届くまで、
あなたは、実際になんらかの
行動をする事ができたかどうか?


っていうこれです。


ホメオスタシスってのはかなり強力です。

だから、ほとんどの人たちの人生は、
だいたい決まってしまったら、
それ以上もそれ以下も
変動することがほとんどありません。


そんなに、簡単に進化してしまえるのであれば、
すでに人間は、もはや私たちの
イメージできる見栄えでもなければ
生き物でもないぐらい
進化してしまっていることでしょう。(笑)

これは、別に悪いことではなくて、
良いことでもあるのです。


良くも悪くも、ホメオスタシスってのは、
存在するというか、
基本的には、私たちにとっては
「良い機能」だと思います。

これないと、簡単に進化できても、
簡単に死んじゃうと思うので。

なので、簡単に死なないんだけど、
なんとか進化していこうという、
ちょっと矛盾したチャレンジが、

私たち人間の生きていく上での、
一番難しいミッションなんじゃないかなって思いますけど、

まあ、ホメオスタシスってのは、
メッシにだってクリロナにだって、
私たちにだってというか、

人間であれば誰にでも
備わっている機能なので、
この機能を理解して、
熟知して、コントロールしていく事は
死ぬまでずっとつきまとう課題だと思いますが、

今回私が指摘している

「指示待ち人間状態」

ってこれは、別物です。

メッシやクリロナは、
ホメオスタシスは持っていても、

「指示待ち人間状態」

なんていうこんなものは持っていません。
持ってたら、あんなスーパースターには
なれていません。

ということで、

あなたが、
現時点で指示待ち人間度の低い方なのか、
そうでないのかは私にはわかりませんが、

今回のメールの内容の部分を
確認してもらって、

もし、

「ああ、自分は結構指示待ち人間だな。。。」

ってタイプであれば、
もう、そこに関してはなんとか頑張って

脱・指示待ち人間

をしていただくしかありません。

これからステージが進むにつれて、
いろいろと高度な事を
お勉強してもらったり、
指導スキルというか
コーチングスキル的なものも
学んでもらうことになると思います。

なんせ

「我が子にとっての世界一の指導者」

になっていただく訳ですから。


その前に、「指示待ち人間体質」という、
多くの人間が、人生がしょっぱい、
そして、子育ての結果も
しょっぱくなってしまう、

どうしようもない
この調味料を手放すっていうか、
もう自分の中から消滅させる
必要があります。

リクエストがあれば、

「脱・指示待ち人間プログラム」

みたいなものを作っても
良いかなと思いますが、
できれば、「脱・指示待ち人間」に関しては、

各自でチャレンジしてください。

どうしても、自分では脱・指示待ち人間することが、
できないという人が多い場合は、
この本プログラム自体、先に進める人が
ほぼいなくなってしまうので、

こちらでも何かやりたいと思いますが、
個人的には「なんとか自分で克服してください。」

という気持ちが本音です。

さて。

ではstage1-2に進みますが、

まず、
「自分はstage1-1の3つの課題をこなしたので、
 stage1-2に進もう。」

という方は、

こちらのstage1-2の登録フォームに、
いつものように、
プレーヤーネームと本名とメールアドレスを
記入して登録してください。

あらかじめ予告しておこうと思いますが、
1-2のはじめに
ちょっとだけ「脱・指示待ち人間」について
取り組める簡単なミッションを
提示しようと思います。

もし、あなたが、
指示待ち人間タイプではなく、

自分で考えて、ガンガン行動していける
スーパースター気質の持ち主の方であれば、
こちらに関しては取り組まなくて構いません。

本編の1-2 aの課題に取り組んでください。

ということで、

ちょっと長くなりましたが、

8年後のスーパースター養成プログラム 
stage1-2の登録フォームはこちらです。


https://39auto.biz/86308630/touroku/8nengostage1-2.htm


では、新ステージでお待ちしています。

ありがとうございましたー。

原澤






追伸

ステージ1の最後のメールでしたが、いかがでしたか?

本文では、前回から何か行動を起こしましたか?
という問いかけがありましたが、

これは、このメルマガ参加者に向けた問いかけですが、
同時に、このブログを読んでいる方にも、

「自分の人生でも、「指示待ち人間」になっていないか」
という問いかけだと思って読んで頂きたいですね。

と同時に、
まずは、指示待ち人間を脱することが必要と
言われるということは、この部分って
ホメオスタシスと関係ないってことなのか
と気が付きました。

行動できるとか、出来ないって言うのは
「ホメオスタシスをどうこうする」以前の問題なのか?
って事ですね。

改めて、今の自分を見つめ直す必要があるなと
思いました。

ふ~、あっけなく終わっちゃいましたね~
でも内容は、結構考えさせられる問題でした。

ホメオスタシスって、常に付いて回るところですからね


それでは、次回もお楽しみに~


この記事へのコメント