「原澤メルマガ図書館」第三弾は [8年後のスーパースター養成プログラム]に決定しました。

原澤祐介のメルマガ図書館 第三弾「8年後のスーパースター養成プログラム」その①

どうも、管理人のぎゃおです。

え~、今日から新シリーズである

「8年後のスーパースター養成プログラム」始まりますが、
これ名前長すぎ。。。(笑)

略して、「8SSYP」

「DAIGOかよ!」

どうでもいいですね。

とにかく、今日から新しく始まる訳ですが、

新しく始まるにあたってですね、
今まで原澤さんのメルマガを紹介してきましたが、

まあ、このブログを読んでいる理由は様々でしょうけど

せっかく読んでもらえるのなら、何か気づきがあったとか
がないと、それこそ時間の無駄じゃないですか

内容的には、「これを読んだら人生が激変します」
って事が書かれています。

なので、あなたの日々の生活に何かの変化が起これば
いいと思ってお送りしている訳ですけど

まあ、いいかそれは

ところで、最近私がハマっているのが、苫米地英人せんせいの
動画でございます。

その苫米地せんせいがしきりにおっしゃるのが「臨場感」
ってお言葉なのですが、

この臨場感を感じるってなかなか難しいというか
イマイチ意味が分からないのです。

「臨場感」という言葉自体に臨場感を感じないというか

苫米地せんせいは、私みたいな凡人じゃないので
そこら辺がよくわからず、臨場感のない言葉を連発するのが
悪い癖なのですが

とにかく、現状を変化させる、お金持ちになるなど
まあ、テーマは何でもいいのですが、この場合に
ポイントとして出てくるのが、「臨場感」でして

「理想の姿にどれだけ臨場感を感じられるか」
これだけらしいです。

すみません、長々と

結局何が言いたいのかというと

このメルマガをせっかく読んでいただいているのなら
出来るだけ「臨場感」を持って欲しいな、と思っている訳です。

臨場感がないと、何にも残りません。

そして、ここで言う臨場感っていうのは、

課題にこたえてみる
参加してみる

って事です。

答えが出るのを待つのではなく、答えを探してみる。

そうすると、今すぐ何か変化が起こるかもしれないし
今じゃなくても、この先どこかで何かが起こります。

「今ここで~」

って場面で、自分を助けてくれます。

なので、ただただブログを眺めるのではなく、
ぜひ、臨場感を持って読んで欲しいなと

思ったり。。。してます。

まあ、それもどうでもいいか

え~、それでは第1日目いきますが、
少なくとも前回の資料を読んでおいてくださいね

それでは、どうぞ~
-------------------------

[8年後のスーパースター養成プログラム]それでは開始します。

どーも。原澤です。



8年後のスーパースター養成プログラムへようこそ。

もう、このプログラムについての
説明は不要だと思うので、

ガンガン先に進んでいただいて、

stage1をクリアしていただこうと思います。

このプログラムは

1:ホメオスタシスを手懐ける

2:自由自在に進化できるようになる

3:目に見えない力の獲得

ということなので、

どんなジャンルにも応用が利きます。

というか、特定のジャンルについての
話をこのプログラムですることはあまりないです。

もちろん1例としてみたいな話はすると思いますが。


みなさんはもちろん、
私の書いた資料を読んで内容を理解していただいたから、
こちらのメールがお手元に届いて、
今、このメールを読んでいる事になっているわけですけど、

まず、ひとつイメージしてもらいたい事があります。

それは、

1:ホメオスタシスを手懐けられようになったら、
どういう進化をあなたは遂げたいのか?

というここ。

ここについては、あなたの中で、
しっかりイメージしておいてください。

そうしないと、どこかの段階で、
必ず、ホメオスタシス様に
強制連行されてしまいますので。(笑)


まあ、本当にあいつは強いので。


「元の場所に連れ戻す」


っていうこの仕事の遂行の
成功率はハンパないです。


では、

今回のmissionはこちらです。


8年後のスーパースター養成プログラム stage1-1 a

のmissionは、

「奴の存在を強く感じてみる」

ということで、


あなたが、

これまで何かにチャレンジして
ホメオスタシスに強制連行された経験を
こちらに書いてください。

イメージしやすいのは

いわゆるひとつの

「3日坊主」

っていうアレです。

もちろん3日坊主ではなくてもOKです。

「よし、やったるぞ。」

と思ってチャレンジしたものの、
いつの間にかやらなくなってしまい、

「ああ、そんな事にチャレンジしてた時期もあったね。。。(苦笑)」

みたいになった事。

まあ、1つぐらいはあるんじゃないかなと。

そこについて、思う存分
書きたいように書いてください。

今回のmissionのコメントを書くブログの記事はこちらです。

そのブログはこちらから


では、

ファーストペンギンGET目指して、

Let's challenge !!



はらさわ







-------------------------
追伸

ついに始まりましたが、第1回目いかがでしたか?

臨場感を出すためにって事で、
コメントはこのブログに書くことにしましょう。

原澤ブログのコメントも読んでみて下さい。

コメントはこちらから

それでは、よろしくお願いしま~す。

次回もお楽しみに~

この記事へのコメント

  • ぎゃお

    こんにちは ぎゃおです。

    それでは、今回の課題についてのコメントを

    「ホメオスタシス」にやられちゃった経験ですよね

    高校受験から始まって、
    大学受験
    英語勉強、筋トレ、

    つい最近でもありまして、
    それは、早起きでして、毎朝5時起床を目指して
    始めたのですが、結局5時に起きれたのは数回だけ

    まあ、失敗したことは仕方がないとして

    自分も含めてですけど、まずやろうともしていない
    ここも問題なのかなと
    「失敗すらしようとしない」「行動を起こせない」
    これもホメオスタシスが発動していますからね

    現状を維持する=安心できる場に自分を置く
    って事。

    自分の安心できる場の外に出れるか?
    これが、ホメオスタシス撃退のポイントなのですが、

    う~ん、難しいですよね。

    とりあえず何をすればいいのか?
    「今まで経験したことない事をやる」
    とか言われていますが、
    ただ、やるだけでは効果はイマイチです。

    自分にとってあり得ない事をやる
    のがポイントなのかなと、個人的には考えているのですが、

    自分でその”あり得ない事”を考えてみても、
    簡単には思い浮かびません。
    やっぱり、そこでもホメオスタシスが発動してしまうのです。

    かといって、他人にこれやってみたらって言われても
    イマイチ気分が乗らない。
    って言うのも、また人間の機能だったりします。

    現在研究中ですけど、これが分かれば無敵ですよね。

    皆さんいかがですか?

    何か良いアイディアがあれば教えて下さい。


    2015年08月04日 14:31
  • 小沢岳史

    はじめまして。
    小沢と言います。
    今回はじめてのコメントになります。
    よろしくお願いします。

    これまで何かにチャレンジして
    ホメオスタシスに強制連行された経験があります。(笑)

    それはぎゃおさんも書かれている筋トレです。
    中学時代~大学時代まで何十回も
    チャレンジしましたが、最高で二か月という記録です。(去年筋トレ記録を塗り替えましたが、塗り替えたとたん、やらなくなってしまいましたw)

    大学時代、
    勉強会や絵だったり、楽器といったもの、カポエラやバレエといった
    運動にも取り組んだことはありますが、これもホメオスタシスに
    戻され、続かず。

    新しい経験としてチャレンジした「座禅」が最高で半年続きましたが
    これがどういう訳だか、毎朝、5時半起きを続け、極寒の中
    参加していたせいか、ある日、集中の糸がぴんと切れてしまい
    そのあと行けなくなってしまいました。(今思うと、半年も
    続いたのだから、ペースを落とせばよかったのかもしれません。)

    他にも「やったるぞ」と思って
    やろうとしたことは無数にあると思いますが
    三日坊主にもならず、忘却の彼方です。

    ホメオスタシス、強敵です。飼いならすことなんてできるのでしょうか。
    2015年08月05日 19:20
  • ぎゃお

    ぎゃおです。

    ウオ~、小沢さんコメントありがとうございます。
    見事ファーストペンギンGETですね~

    そうなんです。ホメオスタシス強敵ですよね。
    しみじみと実感しています(笑)

    ホメオスタシスを飼いならせるかって事ですけど、

    飼いならすというのが、どういう状態なのかよくわからないので
    どう答えたらいいのかわかりませんが

    ホメオスタシス自体が人間に備わっている機能ですので
    全く働かないってのも都合が悪い場面がでるので
    うまく付き合っている人がいる、くらいの感覚なのかなと
    考えています。
    なので、制御可能ではないのかと思っています。

    小沢さんのコメントを読んでいて思いついたのは、
    お金が絡むとホメオスタシスを弱めること出来る
    のかなと、考えつきました。

    ご存知かどうか知りませんが、
    私は最近まで会社員をしておりました。
    先日辞めた会社には9年、その前の会社には11年
    勤めました。
    その間にホメオスタシス来たんだと思うんですけど
    ぶっちゃけ、結局はお金のために辞めることは
    ありませんでした。

    と考えたら、世の中のサラリーマンの中には
    それこそ40年同じ会社に勤め続ける人だっている訳で
    その勤続40年の人が、会社勤め以外の事で
    ホメオスタシスにやられていないのか?と考えたら
    やられ続けたから、会社に勤め続けたとも考えられるので

    そうなると、
    お金は、ホメオスタシスに対抗する一大勢力なのではないか?
    という仮説が立つわけです。

    う~ん、どうでしょうか?

    小沢さん、またコメント下さいね
    お待ちしております。

    ありがとうございました。
    2015年08月05日 22:36